あなたは自社の強みを生かしてホームページを作っていますか?

いつも新鮮なコンテンツ(記事)に更新できていますか?

更新

ホームページは常に最新の状態に更新することが大切です
その理由は

1.グーグルのサイト評価が高くなるので、検索の表示順位が上がる

2.新しいコンテンツにはお客様が注目するので、お問合せが増える

3.お客様から貴社への信頼性が高まるので、購入や契約が増加する

はじめてのあなたでも、簡単にホームページを更新できます

更新

ベルブログはホームページを更新するためのサポートが充実しています

1.初心者でも簡単に更新できる、わかりやすいマニュアルを提供します

2.作業に行き詰まったら待たせずにつながる、電話サポートを提供します

3.確実に習得するための、来社又は出張プライベートレッスンを提供します

だからホームページの更新は確実に習得できます

ネットから新規のお客様を集めるには、自社の強みを生かすことが最も大切です

ベルブログは新規のお客を集めるための専用ホームページです。
次の項目に当てはまる方はご連絡ください。

1.自社の強みと言われてもわからない

2.他社との差別化が難しい業種にいる

3.何を打ち出せば良いのかわからない

当社は専門家がコンサルティングしながら貴社のホームページ戦略を一緒に考えます。
だから

・強みに共感したお客様が集まります

・効果的なネット戦略を立案できます

・利益率の高いビジネスに転換します

以下のようなお悩みはありませんか?

アイコン

なぜホームページから新規のお客様が来なくなったのだろう?

インターネットとホームページは急速に進化しています。
当社はお客様を増やすための最新の改善策をご提案します。

詳しくはこちら最新の改善策はこちら

アイコン

自社紹介が中心のホームページのままでいいのだろうか?

ホームページには会社案内型と集客特化型があります。
お客様を増やすには集客特化型ホームページが必要です。

詳しくはこちら集客特化型ホームページはこちら

アイコン

ホームページを作るとなると高額の制作費がかかるのでは?

凝ったグラフィックスやデザインが無くても集客は可能です。
集客特化型ホームページ制作は低コストのプランもあります。

詳しくはこちら低コストプランはこちら

アイコン

どのような改善を行えばお客様が来るようになるのだろう?

お客様はデザインよりもコンテンツ(文章)を見てやって来ます。
大切なことは読者が求めるコンテンツ(文章)を
作ることです。

詳しくはこちら読者が求めるコンテンツはこちら

お知らせ
NEWS/BLOG

2022年8月10日

当社は8/11~8/14まで夏季休暇とさせていただきます


2022年8月8日

今年度のIT導入補助金には、ECサイト制作に補助率3/4で最大50万円まで支給される、デジタル化基盤整備枠が追加されました。例えばECサイトを60万円で制作した場合には、45万円が補助されるので、自己負担は15万円となります。さらに20万円以下のパソコンやタブレットの購入に対して50%の補助が付きます。

先日のご案内に8月8日(月)17時終了と書きましたが、この度、追加公募枠が発表されました。それによると10月3日(月)17時が最終受付となりました。IT導入補助金の申請はまだ間に合います。

IT導入補助金公式ホームページ:https://www.it-hojo.jp/


2022年6月10日

今年度のIT導入補助金には、ECサイト制作に補助率3/4で最大50万円まで支給される、デジタル化基盤整備枠が追加されました。例えばECサイトを60万円で制作した場合には、45万円が補助されるので、自己負担は15万円となります。

本来6月13日が終了予定でしたが、この度公募枠が追加されて、8月8日(月)17時が最終受付となりました。しかし予算が残り少なくなるに従い採択数は少なくなるので、早めの申請をお勧めします。

IT導入補助金公式ホームページ:https://www.it-hojo.jp/


2022年4月8日

小規模事業者持続化補助金 第8回公募が始まっています。

この補助金は販路開拓の取組、業務効率化の取組に必要な経費を補助されるもので、幅広い資金用途に使える柔軟性の高い補助金です。

 

今回からこれまでの通常枠に加えて、特別枠が新設されました。これには賃金引上げ枠、卒業枠、後継者支援枠、創業枠、インボイス枠など多彩な類型が加わり、補助限度額も通常枠の50万円から200万円にまで広がります。詳細は下記の補助金事務局に行って、公募要領をご参照ください。

 

小規模事業者持続化補助金事務局:https://r3.jizokukahojokin.info/

 

第8回公募の締め切り日は2022年6月3日(金)となっています。


2022年2月10日

今回の募集では、申請に必要な要件が、以前よりも緩和されました。

この補助金は名称から誤解を招いており「現事業を新事業に転換する必要がある」と捉えられがちです。

実際に採択されている事例では、現事業に新事業を付け加える内容が、多くを占めています。

このような視点で事業再構築補助金の活用を、改めて検討してみてはいかがでしょうか。

事業再構築補助金第5回公募は令和4年3月24日が締め切りとなっています。

補助金公式ホームページ:https://jigyou-saikouchiku.go.jp/


2021年12月27日

小規模事業者持続化補助金第7回公募は、2022年2月4日(金)が受付締切です。

この補助金は小規模事業者支援法に基づいて、対象企業の販促活動を支援する国の補助制度です。

正社員数が商業・サービス業で5名以下、宿泊・娯楽・製造業で20名以下の企業が利用可能です。

ECサイト制作、展示会出展、広告宣伝、商品開発など、幅広く利用が可能です。

ECサイト制作にかかわる申請業務は、当社がアドバイスさせていただきます。

詳細は事務局ホームページをご参照ください。URL:https://r1.jizokukahojokin.info/


2021年12月17日
IT導入補助金 低感染リスクビジネス枠 第5回公募締め切りは12月22日(水)17時です。
テレワーク用備品として、パソコン、タブレット、スマートフォンなどのハードウェアへの補助される制度はこれが最後かもしれません。
ご検討中の方はお急ぎください。

2021年11月1日

IT導入補助金低感染リスク型ビジネス枠は11/17 (水)17:00 締切です。

これは令和2年度補正予算で計上されたコロナ対策特別枠で、中小企業へのシステム導入、ECサイト制作から、パソコン・タブレット・スマホ導入まで、幅広く対応する補助金です。

ご不明な点は、認定支援事業者である当社担当迄、お気軽にお問い合わせください。


2021年10月4日

小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>がただ今公募中です。

<低感染リスク型ビジネス枠>とは、新型コロナ感染防止と事業継続を両立させるために、対人接触機会の減少に資する投資を支援するための補助金です。

補助対象経費となるものは、ネット予約システムの導入、タッチパネルの導入、セルフレジ やキャッシュレス端末の導入、ウェブ見積りシステムの導入、デリバリーやテイクアウトへの対応、移動販売車の導入など、幅広い用途に対応しています。

補助対象者は法律で定める小規模事業者です。

補助金額は100万円まで、補助率は 3/4です。

 

締め切りは11月10日 (水) 17 時です。

余裕をもってご準備ください。


2021年9月27日

IT 導入補助金に申請される方は、9/30(木) 17:00 が締め切りです。 お急ぎください。

IT導入補助金公式ウェブサイトスケジュール https://www.it-hojo.jp/schedule/